東京五輪の開催まで100日を切った。だが、新型コロナウイルスの感染は再拡大。加えて森喜朗氏の問題発言など、大会組織委員会に関わる不祥事が頻発した結果、世論調査などでは五輪開催に消極的な意見が多数を占めている。

とくにコロナは命に関わる問題である。「五輪どころではない」となるのは致し方ない。それは承知のうえで、開催賛成論を述べたい。五輪の精神や選手の思い、社会のムードを変えるといった一般論は今さら述べない。賛成するのは、何より開催が可能と考えるからだ。

ほかの国際的な大会は「無観客」や「観客数制限」とすることで開催できている。東京五輪だけ、必要以上に開催を忌避する理由はない。安全面にも最大限配慮して海外からの観客受け入れを断念する方針となった。もちろん五輪となると来日する選手団も桁違いの人数になるので、ゼロリスクにはならない。だが、日々の生活でも一定のリスクを負っており、五輪悪玉論には手放しで賛同できない。