中国では6億人以上が1カ月約1.7万円以下で暮らす。「脱貧困」のスローガンが掲げられた重慶市郊外の農村(読売新聞/ アフロ)

「中国共産党の創立100周年を迎える重要なときに、わが国は脱貧困の攻略戦で全面的な勝利を収め、現在の基準で9899万人いた農村部の貧困人口を全員貧困から脱却させ……歴史に残る人類社会の奇跡を生み出しました」

2月25日、習近平国家主席はこのように述べ、2012年の党総書記就任時に存在した約1億人の貧困人口が8年で一掃されたと宣言した。それは党の領導(指導と統率)という政治的な優越性があってこそとも強調。中国の貧困削減のため諸外国が果たした貢献には触れなかった。習主席はさらに、「共同富裕の実現は社会主義の必須条件」と発言し、一党独裁が導く美しい未来を「共同富裕」という言葉で描いてみせた。

習主席にとって、「脱貧困」が国内政治上、重要なことは間違いない。西側との新冷戦的な対立が深刻化する中で、脱貧困は外交ツールとしても重要性を増す。