4月8日、ソウル市長選で勝利し、当選を祝う呉世勲候補と支持者ら(写真:EPA=時事)

2021年4月7日に実施された韓国・ソウル、釜山両市の市長選挙で、最大野党「国民の力」の候補が圧勝した。これにより、2022年3月に行われる大統領選の行方が混沌としてきた。

ソウル市長選挙では、「国民の力」の呉世勲(オ・セフン)候補が57.5%の得票率を獲得して当選。釜山市では同党の朴亨埈(パク・ヒョンジュン)候補が得票率62.6%を得て当選した。

呉氏はソウル市長の経験者で、10年ぶりに市長に返り咲いた。朴氏は元大統領府政務首席秘書官などの経歴がある。任期は両市長ともに2022年6月30日まで。

今回の両市長選は、ともに与党側の現職市長が職員に対してセクハラを起こしたことがきっかけとなった。前職のソウル市長だった朴元淳(パク・ウォンスン)氏はスキャンダルを苦にして自殺。釜山市長だった呉巨敦(オ・ゴドン)氏も辞職し、補欠選挙となった。

想定を超える与党の敗北

そのため、もともと与党側に不利な選挙戦だったが、刮目すべきは野党である「国民の力」候補の勝ちっぷりだ。ソウル新市長の呉氏は与党「共に民主党」の朴映宣(パク・ヨンソン、女性)候補に対し約19ポイント、釜山市の朴氏は同じく与党の金栄春(キム・ヨンチュン)候補に28ポイント差を付けた。野党候補にとっても想定を超える大勝だ。