「薬にすることで、取り組んできた科学の意味を証明したい」と蓮見教授

[設 立]2005年2月
[資本金]2億3487万円
[社員数]12人

黒カビから画期的な脳梗塞治療薬が生まれようとしている。第2相の臨床試験に挑んでいる物質は、長年にわたって研究してきたカビ由来のSMTPと呼ばれる化合物の1つだ。

青カビからペニシリンが見つかったように、天然物からの薬創りは創薬の王道。やはり青カビからコレステロール低下薬(スタチン)を発見した遠藤章氏はかつて東京農工大学で教鞭を執り、ティムスの取締役である蓮見惠司・同大学教授はその愛(まな)弟子だ。