社名の由来はクオーレ(ハート)とiPS細胞

[設 立]2017年3月
[資本金]1億円
[社員数]33人

世界初の心不全治療用再生医療製品として15年に承認された「ハートシート」。開発者の澤芳樹大阪大学教授は、重症心不全に対する、より高い治療効果を求めてiPS細胞由来心筋シートを開発している。クオリプスはその事業化を担っている。

iPS細胞のメリットは、患者の負担を減らし迅速に治療を行えること。患者本人の組織を採取して細胞を培養する手順が不要で、あらかじめ作製し凍結保存した心筋細胞からシートを作製する。iPS細胞による再生医療で懸念される未分化細胞の残存問題は、独自技術で徹底除去が可能になった。