「専門医の匠の技をAIで医療現場に届けたい」と沖山代表

[設 立]2017年11月
[資本金]1億円
[社員数]32人

新型コロナウイルス予防策によって、インフルエンザの流行は抑制されている。だが国内だけで年間3000人を超す死者がいて、インフルエンザ脳症など重い合併症もある、甘くみてはいけない感染症だ。このインフルエンザをAI画像解析で、高精度かつ早期に診断できるよう支援する手法を開発している。

患者ののどの奥を撮影した画像から濾胞(ろほう)(袋状の構造体)などの特徴を検出、インフルエンザ特有のものかどうかをAIで解析し可能性を示唆する。