「順天堂大発、世界初の技術で移植患者を救いたい」と河南代表

[設 立]2018年6月
[資本金]1億円
[社員数]15人

生体肝移植を受けた患者への、免疫抑制剤投与を不要にする「誘導型抑制性T細胞」を開発している。免疫は体内に侵入してきた異物を攻撃し排除する役割を果たすが、移植された臓器も異物として攻撃する。その攻撃をやめさせるための免疫抑制剤は、体内の恒常性維持に必要な免疫機能も抑制してしまう。そこで、移植した臓器に対してのみ免疫寛容(免疫による異物への攻撃を抑えること)を誘導し、免疫抑制剤から離脱(使わずに済むようにする)させるのが、この細胞医薬だ。