土葬の村(高橋繁行 著/講談社現代新書/1100円/320ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
[Profile] たかはし・しげゆき 1954年、京都府生まれ。ルポライターとして葬式、笑い、科学、人物を主要テーマに取材・執筆。高橋葬祭研究所を主宰し、死と弔い関連の著書多数。近著に『お葬式の言葉と風習──柳田國男『葬送習俗語彙』の絵解き事典』。

本書を数ページめくっただけで、2つの驚きがあった。1つは、火葬が当たり前とされる今日でも、まだ土葬というスタイルが残っていたこと、2つ目は、その土葬がここ数年急激に減少しており、今まさに消えようとしていることだ。

意外なことに、国の定める墓地埋葬法では、土葬が禁じられているわけではない。しかし、ここ半世紀ほどの間に、全国で火葬場が整備され火葬が一気に広まった。現在、日本の火葬率は99.9%以上と世界1位だそうだ。

21世紀に入って著者は本格的に調査を開始した。その時点で、土葬の残る地域は限られており、またそれらは、地理的に近いエリア内に固まっていた。奈良盆地の東側の山間部一帯と、隣接する京都府南山城村である。これらのエリアでは、当時村全体の8〜9割が土葬を行っていた。それがここ数年で、消滅の危機に直面しているという。