医療機関に行き、「治療でアプリを処方される」という時代がやってきた。ニコチン依存症の治療(禁煙)用アプリがついに、医療機器として2020年12月に保険適用になった。開発したのはCureApp(キュア・アップ、→関連記事へ)。スマホアプリが医療機器として認められるのは国内では初めてのことだ。

キュア・アップだけでなく、病気治療のためのスマホアプリ開発に乗り出す企業が増えている。ベンチャー企業に加えて製薬会社など大手企業も参入。開発競争が始まっている。

そもそもアプリが医療機器として開発され始めるきっかけになったのは、14年の薬機法(医薬品医療機器等法)の改正だ。この改正によって、ハードウェアに組み込まれていなくても、ソフトウェア単体で医療機器として認められることになった。当初想定されていたのはCTやMRIなどの画像診断に使う単体のソフトだったが、結果的に治療用スマホアプリを開発できる道が開けた。