(イラスト:ソリマチアキラ)

3月初旬、2021年初戦であり20-21シーズン第15戦の「第34回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」がスタートいたしました。女子プロゴルフツアー(JLPGAツアー)は、コロナ禍の影響により20年と21年と合わせて1つのシーズンとしましたので、合わせて52大会の長丁場の戦いとなる予定です。

今大会の上位は新人や若手がずらりと占め、1年3カ月ぶりに会場にお越しになられたファンの皆様の応援を背に、すばらしいプレーが続出。選手たちのモチベーションは最高潮でした。また、選手のショット力がさく裂して、大会4日間でホールインワンが4本も出るという記録まで更新。首位が1打差で入れ替わる展開に会場は大いに沸きました。優勝は、小祝さくらプロ。昨年から上位入賞が多く、安定したプレーを重ねています。