埼玉県八潮市は県南東部にある人口約9万2000人の街だ。市域の三方を河川で囲まれ、東側は中川を挟んで埼玉県三郷市と、南側は垳川(がけがわ)、綾瀬川を挟んで東京都足立区および葛飾区と、西側は綾瀬川を挟んで埼玉県草加市と接する。東西5.23キロメートル、南北7.45キロメートル、北に行くと東西の幅は約1000メートル程度になる。

東京都心部からは15キロメートル圏と、吉祥寺、桜新町、田園調布、千葉の新浦安、松戸、埼玉の川口近辺と同程度の距離だ。都心に近い割に知名度が低かったが、2005年につくばエクスプレスが開業。市の東南部に「八潮」駅が設置され、秋葉原まで最短17分という好条件により人口の増加が始まった。駅周辺にはマンションが林立。大型の商業施設も誕生した。

八潮市は中川低地に位置し、海抜は2メートル程度、土地の高低差はほとんどない。河川のほか八条用水路や葛西用水路などもあり、暗渠(あんきょ)を含めて水路の多い「水の街」である。歴史的にも水運と、豊富な水を利用した農業が盛んだった。規模は小さいが現在も近郊農業が行われ、小松菜、枝豆、ネギ、ホウレンソウなどが生産されている。