ラクオリア創薬で株主提案を行った弁護士の柿沼佑一氏(撮影:風間仁一郎)

株主側提案が可決されて、社長を含めた経営陣の刷新を勝ち取る──。

日本のコーポレートガバナンス史上、前代未聞の出来事がジャスダック上場の創薬ベンチャー・ラクオリア創薬の株主総会で起きた。

3月25日の午前10時30分、ラクオリアの株主総会が名古屋市内で開催され、同社の株式を10%超保有する個人投資家で弁護士の柿沼佑一氏による提案が、株主の圧倒的多数による賛成ですべて承認された。

新しい取締役には、現在も取締役副社長である渡邉修造氏、社外取締役の土屋裕弘氏、柿沼氏が推した武内博文氏(新任)の3人が選ばれた。渡邉、土屋両氏は会社側が提案した取締役候補でもあったが否決され、株主提案の候補として取締役に選ばれた格好だ。

総会前から「異変」

「異変」はすでに株主総会前から始まっていた。会社は総会開始のわずか1時間前に突然、「総会付議議案の一部撤回」を発表。取締役候補として渡邉、土屋両氏を含む4人の選任を求めていたが、この2人以外を候補から取り下げた。