今日では世界の人々が環境問題、格差の拡大など資本主義のダークサイドを実感するようになった。だが、半世紀も前からこの問題に悩み、格闘していた哲人経済学者が日本にいた。宇沢弘文(1928~2014年)である。従来の経済学を超克する考え方として打ち出したのが、「社会的共通資本」の思想だ。

宇沢弘文(うざわ・ひろふみ) 1928~2014年。「人の心」を尊重する経済社会を目指した。(撮影:尾形文繁)
『宇沢弘文傑作論文全ファイル』 宇沢弘文 著 東洋経済新報社

宇沢によれば、豊かな社会とは「すべての人々の人間的尊厳と魂の自立が守られ、市民の基本的権利が最大限に確保できる社会」である。これを、「本来的な意味でのリベラリズムの理想が実現した社会」(『社会的共通資本』、岩波新書)としている。近年は「リベラル」という言葉の使い方に混乱が見られるが、宇沢の定義からは左派でも右派でもない「リベラル」のイメージが浮かび上がる。

そのリベラルな社会の実現の土台となるのが「社会的共通資本」だ。社会的共通資本は、人々が生きていくのに必要なもので、大気、森林、河川、水、土壌などの「自然環境」、道路、交通機関、上下水道、電力・ガスなどの「社会的インフラストラクチャー」、教育、医療、司法、金融制度などの「制度資本」である。

その管理の方法も重要だ。ケインズ経済学のように国家の官僚に任せるのではなく、また、リバタリアニズム(新自由主義)のように市場原理に任せて利益をむさぼる対象にしてもいけないという。市民の権利という観点から、職業的専門家が高い倫理観を持ちフィデューシャリー(信託)によって管理すべきだとする。

純粋研究から現場主義へ