さいとう・こうへい 1987年生まれ。大阪市立大学大学院経済学研究科准教授。ベルリン・フンボルト大学哲学科博士課程修了。博士(哲学)。『人新世の「資本論」』が「新書大賞2021」大賞受賞。(撮影:梅谷秀司)

人類が地球を破壊するという「人新世(ひとしんせい)」の時代に、持続可能な経済をつくるにはマルクスの思想を、と訴えた若き研究者。一度は歴史の脇に追いやられたマルクスや共産主義が、なぜ21世紀に役に立つと言えるのか。

マルクス主義は現実解を示せるのか

いつになったら元の生活に戻れるのか。そう思いながらはや1年が過ぎた。新型コロナウイルスに対するワクチンに期待している人もいるかもしれない。だが、確認しておこう。もはや元の世界には戻れないということを。これまで続いてきた格差拡大と環境破壊を止めるためには、資本主義の「グレートリセット」が必要だ。だからこそ、マルクスに立ち返るべきなのである。

「人新世」の危機

コロナ禍は、すでに存在していた資本主義の構造的矛盾を徹底的に可視化した。中でも格差問題は深刻だ。昨春以降の米国ではビリオネアが資産を44%増やす一方、2000万人以上が失業した。感染抑止のためのデジタル化やオートメーション化が加速することで、富の一極集中はさらに深刻化するだろう。

だが、問題は富の集中だけではない。資本主義による環境破壊も歯止めが利かない。野生動物取引やアグリビジネスのための乱開発が続き、社会と自然の距離が縮まっていけば、別の新型ウイルスとの接触可能性は必然的に増していく。また過剰な森林伐採によって気候変動も進行していくし、環境の急激な変動に耐えられない動物は数を大きく減らし、生き残りを懸けた動物の大移動は未知のウイルスが社会へ侵入するリスクを高める。パンデミックや気候変動、生物多様性の喪失はどれもつながっており、行き過ぎたグローバル化が文明を脅かす。

かつてマルクスは、無限の経済成長を目指す資本主義が階級格差を生み出すのみならず、人間と自然の関係を大きく歪め、「修復不可能な亀裂」を生み出すことを批判していた。まさに、現代における人類の活動範囲は世界全体を覆うようになり、もはやこの地球上に手つかずの自然なるものは残っていない。地球環境さえも変えるような巨大な力を、資本主義は行使するようになっているのである。