鹿島は建築工事などすべてのプロセスをデジタル化する(鹿島提供)

「この工事は絶対にとりたい」

スーパーゼネコンの鹿島ではいま、営業本部からこのような報告が上がってくると、BIM推進室がフルサポートする態勢になっている。

BIMとは「ビルディング・インフォメーション・モデリング」の略。建物の企画・設計段階から施工、完成後のイメージを3次元画像で映し出し、情報共有とコスト削減などにつなげることが可能になる技術だ。

鹿島は2017年からBIMをフル活用して情報をデジタル化し、設計・施工図を着工前までにまとめあげる手法を「仮想竣工」と名付け、本格的に展開している。2020年からはこの仮想竣工を発展させ、大型プロジェクトにおける入札支援に生かしている。

鹿島建築管理本部の矢嶋和美本部次長は「仮想竣工を活用したことで納期やコストなどが希望的なものではなくて、ズバリになっている(実際に工事が進捗した際の数字と大きな乖離がない)」と語る。デジタル技術を利用して、直接工事にかかる費用を予測して算出する「積算」や「見積もり」、施工計画などの正確性を高め、その結果、狙った通りに大型受注を獲得できているという。