「アルツハイマー病の治療薬開発に成功すれば『勝ち』なんです。だから、そこに全身全霊を傾ける。1秒も無駄にできないし、1秒も気を緩めることができない」

2年前、エーザイの内藤晴夫CEOは東洋経済のインタビューで語気を強めてそう述べていた。

アメリカの食品医薬品局(FDA)が「アデュカヌマブ」を承認するかどうかが決まる2021年6月7日は、エーザイにとって運命の日になる。承認されれば、世界初のアルツハイマー病の治療薬(疾患修飾薬)が誕生する。全世界の患者数は5000万人近くいると言われるだけに、新薬のピーク売り上げ1兆円の大型薬に育つことも夢でない。

提携先のバイオジェンと山分けしても大きな果実が懐に入る。そうなれば、国内製薬大手の枠を抜け出し、がんの次の「認知症」巨大市場で先頭を走る、国際的な製薬企業に飛躍する。

結果が出なければ苦境に