中国の国産大型旅客機「C919」が、商用運航の実現に向けた最終段階に入った。3月1日、中国の3大国有航空会社の1つである中国東方航空が、C919の開発・製造を担う国有航空機大手の中国商用飛機(COMAC)との購入契約に正式署名した。

東方航空は5機のC919を導入することで、中国の国産大型旅客機を商用運航する世界初の航空会社となる。これら5機を、上海と北京の2大拠点を軸に、広州、深圳、成都、アモイ、武漢、青島などと結ぶ路線へ投入する計画だ。

C919の購入契約への署名後、東方航空とCOMACは共同で新型機の運航に必要な許認可の取得や専門要員の訓練などの準備作業に速やかに着手する。第1号機は航空機としての安全検査を経て、早ければ2021年末までに「耐空証明」を取得し、東方航空に納入される見込みだ。

国際的にみると、C919は欧エアバスのA320や米ボーイングのB737などに近いサイズの中型ジェット旅客機だ。開発は08年に始まり、17年5月に上海の浦東国際空港で初飛行を行った。現在、中国の民間航空行政を所管する中国民航局が試験飛行の経過を審査している。

東方航空以外にもC919は買い付けの意向表明書を多数獲得している。顧客の多くは中国国内の航空会社や航空機リース会社だ。

(財新記者:賈天琼、原文の配信は3月1日)

中国の独立系メディア「財新」の記事は東洋経済オンラインでも配信しています。