中国の家電大手、海信集団(ハイセンス)傘下の海信家電集団は3月1日、経営不振に陥っていた日本のカーエアコンメーカー、サンデンホールディングスの再建支援企業に選ばれたと発表した。214億円を投じ、サンデンの第三者割当増資を引き受ける。増資後は議決権の75%を有する。

1943年創業のサンデンの主力事業は、車載用エアコンのコンプレッサーや車載用空調システム。独立系サプライヤーであり、東証1部に上場している。主要顧客は欧州のステランティス(旧グループPSA)や米国のゼネラル・モーターズ(GM)などだ。

サンデンは2020年度第3四半期(4〜12月)決算で、純損益が168億円の赤字となった。コロナ禍による市場環境の激変に加え、電気自動車(EV)関連製品への先行投資や特別損失などが重なり、赤字が拡大した。

サンデンは20年6月に私的整理の一種である事業再生ADR(裁判外紛争解決手続き)制度の利用を申請して出資者を公募。25グループを超える候補の中から、最終的に海信家電集団が支援企業に決まった。

サンデンは車載用エアコンのコンプレッサーでは世界2位のシェアを持つ。海信家電集団は買収完了後、サンデンを核にして車載用空調分野への多角化を進める構えだ。

(財新記者:翟少輝、原文の配信は3月1日)

中国の独立系メディア「財新」の記事は東洋経済オンラインでも配信しています。