こちらのページ下部より本特集のExcelサンプルファイルがダウンロードできます(無料会員登録が必要です)

マイクロソフト社の表計算ソフト「Excel」は、ビジネスパーソンが仕事をするうえで不可欠なソフトだ。

ジャストシステムが毎年、会社員を対象に行っている「業務標準化に関する実態調査」の2020年版の結果によると、業務で利用するソフトは、Excel 73.0%、Word 65.3%、PowerPoint 44.6%の順になる。ただ「最も利用頻度が高い業務ソフト」に絞るとExcelが70.3%で、Word(14.5%)以下を圧倒する。

職場ではお金や商品の数量など数字を扱う仕事が多く、Excelに頼る場面がおのずと増える。4月から働き始める新社会人は、Excelスキルを身に付けることが即戦力への近道になる。

ではどんなスキルが求められているか? 「パソコン教室わかるとできる」が16年に実施した調査によると、Excelの用途のトップには、見積書、請求書の作成や業務報告書の作成を抑えて「データ分析」が入った。経営や営業・仕事の実態をつかむには、数字をどう“見える化”するかが重要になる。それは新入社員だけでなく、意思決定をする管理職以上にも必要なスキルだ。

進化するExcel

Excelのデータ分析機能はどんどん進化している。社員クチコミサイトを運営し、企業の評価・分析も行っているオープンワークの大澤陽樹社長は、「経営などの分析ならExcelで十分。わが社もほぼExcelしか使っていない」と語る。予測推計などは、かつては「R」などの統計ソフトを使わないと行えなかったが、Excelでもできる分析が増えているという。