教育でも、ビジネスでも、政治でも、あらゆる競争の分野でかつては男女の区別があった。しかし、日本を含むかなりの国では、少なくとも建前としては、競争において男女を区別することは原則許されなくなった。

一方で、表面的な区別撤廃では問題が解決しない領域もある。スポーツの世界だ。

男女別で競技が行われており、それが社会的にも認められている。当たり前だが、男女が生物学的にまったく等しいわけではないからだ。とくに、一般的には、体格や筋肉の量については男性が女性よりも勝っている。これは生物としてのヒトの特性である。