世界中から注目されている認知症の治療薬に、“審判”の日が迫っている。

その薬とは、日本の製薬大手エーザイとアメリカのバイオ製薬大手のバイオジェンが共同開発するアルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)治療薬「アデュカヌマブ」だ。これに対し、6月7日までにアメリカ食品医薬品局(FDA)が承認するかどうかの判断を下す。

承認されるとアルツハイマー病の進行を持続的に遅らせる効果を持つ薬としては世界初になる。日本のアルツハイマー病研究の最先端をいく東京大学大学院薬学系研究科の富田泰輔教授は、「この分野の研究者は皆、アデュカヌマブが承認されるかどうかに注目している」と話す(認知症の基本解説はこちら)。

認知症薬の開発は
失敗の歴史

患者数ではアルツハイマー病が認知症全体の6~7割を占める。その数は全世界で推定約4900万人(うちアデュカヌマブなどが治療対象とする早期段階の患者数は約3800万人)、日本でも560万人(同430万人)いるといわれる。世界人口の高齢化もあって、このままいくと患者数は2050年に1億人を上回るとの予測もある。

最大の問題は、アルツハイマー病について、病気の進行を止めたり、持続的に進行を遅らせたりする疾患修飾薬(根本治療薬)が確立されていないことだ。エーザイの「アリセプト」など、すでに認可されたアルツハイマー病の薬は、どれも一時的(6カ月程度と言われる)に進行を遅らせるだけの効果しかない。

そうした中でいち早く根本治療ができる薬を開発すれば、巨額の売り上げが見込める。この20年~30年間、世界中の製薬大手がアルツハイマー病の創薬に挑んできた。だが、ほとんどの開発が中止を余儀なくされており、研究・開発の難しさを物語る。開発の歴史はまさに「失敗の歴史」とも言い換えられる。

がんの治療法が進化し「治る病気」になりつつある中、認知症の克服は、世界の医療界の次なる大きな課題だ。各社が開発に行き詰まる中、目覚ましい試験結果を示し、認知症薬の開発に希望の光を灯したのがアデュカヌマブだった。

開発の中止で
一度は「死んだ」