(Ingka D. Jiw / PIXTA)

どの店舗の売上高が多いかなど、ランキングは分析に欠かせない。昇順と降順のどちらで順位づけをするかはデータの種類や目的に応じて選ぶ。

ExcelではRANK関数で順位の数字が求められる。3番目の引数の「順序」を省略すると降順、1を指定すると昇順になる。

さらに求めた順位で並べ替えたければ、「並べ替えとフィルター」機能で容易に行える。順位の数字を求める必要がなければ、目的のデータの列(下図では「売上数」)を選択し、直接並べ替えればいい。順位を出すだけならRANK関数と、適宜使い分けよう。

ほかに「テーブル」機能を使うと、列見出しのボタンから並べ替え・絞り込みが可能な表を作成できる。

[keyword]昇順・降順

昇順とはデータの小さい順を意味する。英字ならAが先頭のアルファベット順、ひらがななら「あ」が先頭の五十音順になる。カタカナも同様。漢字は音読みの五十音順だ。降順はデータの大きい順を意味し、英字や日本語は昇順の逆になる。

 

RANK関数で順位を算出