トランプ前米大統領の時代を19世紀前半のアンドリュー・ジャクソン大統領の時代になぞらえる人は多い。トランプ氏はジャクソンの肖像画を大統領執務室に飾っていた。トランプ氏はジャクソンのような戦争の英雄ではないが、両大統領の時代にはいくつかの点で驚くような共通点がある。

ジャクソン時代には、現代の米国と同じく、過激な草の根民主主義と反エリート主義が猛威を振るった。ジャクソン支持者は(白人男性なら)誰もが公職を務められると主張した。教養や社会的地位などもはや関係ない。そんな平等主義的な主張を前にして、ハーバード大学やイェール大学で学んだ1820〜30年代のエリートの間では警戒感が広がった。これも現代と通じる点だ。

200年前と同じく私たちは今、伝統的な権威が弱体化し、大衆からの挑戦にさらされる時代を生きている。2020年の大統領選挙を受けて、ある民主党系の世論調査専門家はこう結論づけた。「トランプ支持者は報道機関、エリート、学者、専門家を信じない」。南北戦争前の米国でも、ジャクソン支持者は権威に不信の目を向けていた。