国内旅行最大手JTBが減資を決めた。3月末付で資本金は23億円から1億円となる。飲食のカッパ・クリエイトやチムニー、航空のスカイマーク、毎日新聞社なども資本金を1億円に減資した(実施はまだの会社も)。税制上、中小企業に分類されることで、税負担を軽減する狙いがある。

2015年、経営再建中だったシャープが資本金1億円への減資計画を発表したが、日本中で批判が巻き起こり計画を断念した。今回は有名企業が大手を振って動いており、隔世の感がある。

わが国では政策的に中小企業が優遇されており、とくに税制上はさまざまな優遇措置が設けられている。例えば法人税での欠損金の扱いがそうだ。企業が税務上の赤字(欠損金)を出した場合、翌年度以降に(税務上の)利益と相殺して税負担を軽減できるが、中小企業は相殺できる金額が多い。コロナ禍で大きな赤字を出しているだけにメリットは大きい。