長野県の東信地方、北佐久郡軽井沢町は、標高約1000メートルの高原にある。夏は涼しく、景観は美しい。明治時代以降、日本を代表する避暑地だ。

外国人居住者も多く、2020年時点で585人。欧米人が多く暮らすイメージが強いが、最近では中国人も多く、その数は89人。米国人の78人を上回る。

軽井沢はとくに首都圏在住者にとって憧れの避暑地で、現在も多くの芸能人、文化人や政治家、企業経営者などが豪勢な別荘を構えている。しばしば文学作品の舞台にもなり、有名なものとしては堀辰雄の小説『風立ちぬ』や『菜穂子』『聖家族』、内田康夫の推理小説『軽井沢殺人事件』などがある。

「スワンレイク」とも呼ばれる雲場池。秋の紅葉、冬の樹氷など季節ごとの魅力がある(PIXTA)