TOB成立後にドコモの社長に就任した井伊基之・NTT元副社長(写真中央、撮影:大澤 誠)

NTTは昨年9〜11月、NTTドコモに対してTOB(株式公開買い付け)を行った。ドコモを完全子会社化するためだ。TOB価格は1株3900円。過去半年の平均株価に29%の買収プレミアムが乗った。発表前日の終値2775円に比べ4割も高い。

1998年10月の上場初値460万円でドコモ株を買った投資家は持ち続けていれば大儲けだ。上場後3回の株式分割を経て、上場時の1株は2500株に相当。TOBに応じれば、460万円が975万円へ2倍強になった。

第2、第3のドコモは?

親子上場している子会社は2月22日時点で282社。このうち株価純資産倍率(PBR)が0.8倍未満と割安な上場子会社を、今期予想の自己資本利益率(ROE)が高い順に並べたのが下表だ。