銀座の超一等地にある三越銀座店

「日本橋本店の売却が難航していると聞いているから、銀座店のほうが早いのでは」。ある大手百貨店の幹部は、三越伊勢丹ホールディングス(HD)の都心店舗の行方についてこう語る。

インバウンド需要の蒸発や消費低迷で、百貨店各社は苦境に立たされている。中でも三越伊勢丹は苦しく、2020年度決算では450億円の最終赤字になる見込みだ。そのため、稼ぎ頭の都心3店を売却するのではないかという観測が流れている。