たお・よういち 1941年生まれ。東京大学理学部大学院物理専攻修士課程修了。数々のIT企業を経営。セコム取締役、工学院大学客員教授を務め、社会システムデザインの研究など多岐にわたり活動。2011年「ふくしま再生の会」創設。翻訳書・共著など著作も多数。(撮影:尾形文繁)
飯舘村からの挑戦 ――自然との共生をめざして (ちくま新書)
飯舘村からの挑戦 ――自然との共生をめざして (田尾陽一 著/ちくま新書/940円+税/318ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
2011年、震災で福島第一原子力発電所事故が起きた際、東京で引退生活を送っていた著者は、研究者仲間とネットで連絡を取り合い、被災地へ向かう。以後、福島県飯舘村へ放射線測定や除染に通い、17年4月、避難指示が解除されると村へ移住した。

──事故2週間後に向かった茨城県東海村は混乱のさなかでした。

物理学をやっていた身として、何が起きているのか純粋に知りたい気持ちでした。僕自身4歳の時に広島市の隣村で原爆を見ているから、放射線には因縁があります。

東海村の日本原子力研究開発機構は建物が壊れ真っ暗だった。何も手が付けられてない状態で、事故現場に対処するのにデータが東京電力から送られてこない、と。原子力村の中枢に情報がないという、驚くべき事態です。翌日、高校の先輩で親しくしていた与謝野馨さん(当時大臣)の事務所へ飛んでいった。すぐ各方面へ指令が飛び、やっと回り出しました。