金曜夜の銀座。飲食店の従業員がたまに横切る程度で、人通りはまばらだ

夜の蝶(ちょう)が消え、代わりに警察官がやってきた──。日本最大の繁華街・銀座は、新型コロナで大きく姿を変えた。

とくに、2度目の緊急事態宣言が発出され、東京都が営業時間の短縮を要請して以降、「花金」でさえ酔客の姿はほとんど見当たらず、店舗の多くが照明を落としたまま。代わりに時短要請を守るよう“圧力”をかける警察官が巡回し、異様な雰囲気を醸し出している。

度重なる休業や時短要請は、飲食店の体力をむしばんでいった。スナックやクラブなどが加盟する銀座社交料飲協会には約1200店舗が加盟していたが、この1年間で6分の1に当たる約200店舗が脱退。ほとんどは営業不振による閉店だという。

銀座でクラブやレストランを経営する白坂亜紀氏も、昨年6月にバーを1店舗閉店した。経営を続けるクラブでは、収入が激減し故郷に帰ったホステスもいたという。「2度目の緊急事態宣言の発出で、店舗の売り上げは1割まで落ち込んだ。協力金や緊急融資で何とか経営をつないでいる」と話す。

「感染対策を講じているのに、なぜ飲食店ばかりが狙い撃ちにされるのか」と経営者たちは一様に憤るが、背に腹は代えられないと、深夜まで“闇営業”する店もある。だが、それでも客足は鈍く、「当初は一時休業で乗り切ろうとしたが、先行きが見通せずそのまま閉めた店も多くある」(商業店舗の仲介業者)のが現状だ。

大型施設で大量閉店