負債額最大のコロナ破綻

負債総額でレナウンを超えたコロナ最大の倒産劇が大阪で起きた。

昨年の緊急事態宣言発出から1カ月も経たぬ2020年4月27日の朝、大阪に本社を構え格安のホテルや旅行を展開するWBFホールディングス(HD)をめぐる情報が、大阪の金融関係者たちの間を駆け巡った。

「今朝、経営陣が従業員に招集をかけたようだ。何かを説明するらしい」

WBFHDは、コロナ禍で業績が急速に悪化しており、金融関係者たちが警戒感を強めていたさなかの出来事だった。

慌てた金融関係者の一人は、グループの中核企業で格安ホテルを展開するWBFホテル&リゾーツ(以下、ホテル&リゾーツ)のホテルに駆けつけた。そこで目にしたのは「営業停止」を告げる貼り紙。この関係者は、しばらくの間、呆然と立ち尽くしたという。

程なく、ホテル&リゾーツが民事再生法の適用を申請。2カ月後には、兄弟会社で旅行事業を展開するホワイト・ベアーファミリー、そしてWBFHD自身も民事再生法の適用を申請した。

結果、グループ3社の負債総額は500億円を超え、最大の「コロナ倒産」となった。