絶望死のアメリカ 資本主義がめざすべきもの(アン・ケース、アンガス・ディートン 著/松本 裕 訳/みすず書房/3600円+税/352ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
[Profile] Anne Case 米プリンストン大学経済学・公共問題名誉教授。専門は医療経済学。現在は米国家科学賞大統領諮問委員などを務める。
Angus Deaton 米プリンストン大学経済学・国際問題名誉教授。南カリフォルニア大学経済学学長教授。2015年ノーベル経済学賞受賞。

われわれ人類の平均寿命は延び続け、死亡率は低下し続けている。それは、先進国と発展途上国の別なく起きている。当然、喜ぶべき事象だ。

しかし、近年、米国の大卒未満の白人の間には、この世界的な潮流とは逆の傾向が見られる。労働階層の白人たちの平均余命は短くなり、死亡率が上がっているのだ。1990年代末頃から、とくに45〜55歳の低学歴中年白人の死亡率は年々高くなっているという。ちなみに4年制大学を卒業した高学歴の白人には同様の傾向はまったく確認されていない。

著者らの調べから、彼らの死亡率を大幅に上げている原因が、オピオイドなど医療用薬物の過剰摂取による中毒事故、アルコール性肝疾患、そして自殺であることが判明する。これらは自らが招いた死、それも人生に絶望した者が陥る死だ。著者らはこれを「絶望死」と呼ぶ。