ロシアはインテリジェンス大国だ。北方領土問題についてロシア側から大きな動きがあるとき、不意打ちはしない。クレムリン(ロシア大統領府)が日本政府に伝わるルートでシグナルを送る。筆者の元にも、1月末にクレムリン筋から以下の情報がもたらされた。内容の本筋は変えないが、情報源を秘匿するために若干編集したものを読者に伝えることにする。

〈1.長く途絶えてしまった首脳会談が2021年に復活するチャンスはあるが、それ以降、両首脳が笑顔と希望で再会できるかは疑問だ。

2.①クレムリンでは、菅義偉首相は安倍晋三前首相のアプローチを捨てた、最近のクリル諸島(北方領土に対するロシア側の呼称)に関する菅首相の発言はロシアに対する圧力外交への回帰である、との説が有力になってきている。

②専門家たちは、菅首相のこのような行動と発言は単に国内向けのものと説明するが、ロシアのトップレベルでは、菅首相に対する不信感が強まっている。プーチン側近の多くは、菅は米国寄りの人間であり、ロシアとの建設的対話に関心がないと口にしている。

③プーチン大統領としては、もちろん状況が許せば首脳会談の用意はあるが、その中で何か進展があると期待してもいない。ロシアとしては、さまざまな理由から日本との対話継続は重要だが、菅首相の現在の立場を考えると、今、対話を急ぐ必要はないとみている。