原子力開発の国策企業である中国核工業集団は1月30日、中国が独自に開発した第3世代原子炉「華龍1号」の初号機である福清原子力発電所5号機が営業運転に入ったと発表した。

同社によれば、これは第3世代原子炉の開発で先行した米国、EU(欧州連合)、ロシアに、中国の技術が並んだことを意味する。華龍1号の初号機は中核設備の国産化を実現し、設備全体でも国産化率が88%に達した。

福清原発5号機は福建省の福清市三山鎮にあり、定格出力は116万1000キロワット。2015年5月に着工し、20年11月に初送電を行った。今回の営業運転開始により、中国核工業集団の稼働中の原子炉は23基となり、設備容量は合計2139万1000キロワットに達した。

華龍1号は中国核工業集団が、同じく国策企業である中国広核集団と共同開発し、すでに量産建設の段階に入っている。中国核工業集団は福清原発5、6号機、福建省の漳州原発1、2号機のほか、初の輸出案件であるパキスタンのカラチ原発でも華龍1号を建設中だ。

20年末時点で稼働中の発電所用原子炉は中国全土に49基あり、総設備容量は5102万7000キロワットに上る。20年には前年同期比5%増の3662億4000万キロワット時を発電し、中国全体の発電電力量の4.94%を占めた。

(財新記者:陳雪婉、原文の配信は1月30日)

中国の独立系メディア「財新」の記事は東洋経済オンラインでも配信しています。