メンター・チェーン ノーベル賞科学者の師弟の絆(ロバート・カニーゲル 著/熊倉鴻之助 訳/工作舎/2800円+税/512ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
[Profile] Robert Kanigel サイエンスライター、ノンフィクション作家。多くの新聞・雑誌に寄稿する。2冊目の著書『無限の天才──夭逝の数学者・ラマヌジャン』は全米ベストセラー。1999年からは米マサチューセッツ工科大学教授となり、学生の指導に当たった。

「メンター」(師、指導者)というのは不思議な存在である。親を選ぶことはできないが、メンターは自分で選べる。にもかかわらず、良いメンターに出会えるかどうかは運命に委ねるしかない。そして、いったん出会ってしまえば、弟子はメンターから全人格的な影響を受ける。

科学の世界では、濃密な「メンターと弟子」の関係が今も生きている。弟子はメンターから研究テーマへのアプローチ方法などを学ぶだけではない。時を忘れて共同作業に熱中し、まるで同志のように発見の喜びを分かち合うこともあれば、競争相手として火花を散らすこともある。

本書は科学者の「メンター・チェーン(師弟の連鎖)」をめぐる物語である。具体的には、薬理学・神経科学分野における、ジェームズ・A・シャノン、バーナード・B・ブローディ、ジュリアス・アクセルロッド、ソロモン・H・スナイダー、キャンディス・B・パートと続く師弟関係だ。