いかに仏共産党指導者はナチス協力者となりしか
評者/関西大学客員教授 会田弘継

『ファシズムへの偏流 ジャック・ドリオとフランス人民党』竹岡敬温 著(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)
[Profile] たけおか・ゆきはる 1932年生まれ。京都大学文学部卒業、大阪大学大学院経済学研究科博士課程中退。阪大、大阪学院大学で教鞭を執り、現在、両大学の名誉教授。専門は社会経済史。『近代フランス物価史序説』『世界恐慌期フランスの社会』など著書多数。

まさに時代に翻弄された生涯だ。フランスのナチス協力者の領袖(りょうしゅう)と、彼が率いたフランス人民党の消長を描く。20世紀前半に世界が直面した思想上の難局が凝縮されている。学術的な書だが、一級の文学作品のような深い読後感を読者は得るだろう。

労働者の味方となり平和を求めた共産党指導者ジャック・ドリオは、スターリニズムとナチズムという20世紀世界が生み出した2つの狂気に振り回され、ファシスト政党を創設。ついには銃をとってヒトラーの軍隊にまで加わりスターリニズムと戦うが、ナチズムに踊らされた揚げ句、非業の死を遂げる。

若きドリオを迷走に追いやったのは、フランス共産党を意のままに操ろうとするモスクワの策謀だ。ファシズム勢力と戦うには社会党との統一戦線が必須だと訴えるドリオを、国際共産主義運動の方針に逆らったとして除名する。除名と同時にモスクワが発した指令は統一戦線であった。

雄弁でカリスマ性を持つドリオのスターリニズムとの戦いは、この仕打ちに端を発する。共産党と国際共産主義運動に対する「すさまじい憎悪」がドリオの「その後の変化のすべての萌芽」だった。ドリオに限らず、世界中の多くの転向者は、似たような憎悪を持ったのだろう。本書が子細に描くドリオの事例をたどることで、転向を生んだスターリニズムの非道を読者はまざまざと知る。

ドリオに従った共産党離党者らに極右勢力が合流して生まれたフランス人民党は、「血と土」に根ざすナショナリズムを掲げた。スターリニズムへの敵意とフランスの安全確保の意図からナチス・ドイツに融和的な路線をとる。労働者の党であろうとして、英米の「自由資本主義とエゴイズム」よりも、ドイツの国家社会主義に未来を賭けた。

当時の欧州情勢の現実の中で、共産主義に裏切られても労働者の側に立とうとする政治家にとって選択は限られただろう。まさに思想的難局の中で道を踏み誤っていく。

第2次世界大戦開戦後、フランスはドイツに敗れるが、続く独ソ開戦はドリオにとって、フランスが有利に生き延び、かつ個人的復讐を果たす機会と見えた。義勇軍を結成し、ドイツの軍服で対ソ戦に臨む。フランスが連合軍に解放されてもドイツに逃れ再起を期すが、空襲で落命。転向者の迷走の末の最期であった。

世界は今、1930年代にも似て思想と政治が混迷する。ドリオの生涯から、われわれが直面する難局の意味を学ぶべきかもしれない。