(Ushico/PIXTA)

睡眠のエキスパート、米スタンフォード大学の西野精治教授はインタビューで、入眠後最初の90分の質を高めることが最重要だと述べた。そのために大切なのがスムーズな眠りへ導く、毎晩のルーティンだ。

具体的に何に注目すればよいか。西野教授は「体温と脳の状態のコントロール」を挙げる。

(撮影:尾形文繁)

規則正しい生活をして、就寝時間と起床時間は固定することが望ましい。しかし、仕事で忙しいビジネスパーソンはそうもいかないだろう。そこで知ってほしいのが、眠る前に体温と脳をスムーズにコントロールする方法だ。

体温のコントロールは、下図「入眠のポイント」にあるように、ぐっすり眠るには深部体温と皮膚温度の差を縮めていく必要がある。そのために、まず皮膚温度を上げて熱放散して深部体温を下げなければならない。