(PIXTA)

朝と比べて集中力を高めることが難しい夜の時間帯。それでもどうしても夜に集中して仕事をしなければならないケースも出てくるだろう。そんなとき、脳をリセットし集中力を回復する究極の方法は「運動」だ。

終業後、就寝の3時間前までに60分程度の有酸素運動をすることで、朝のゴールデンタイム同様の集中力の高い時間が確保できる。集中力が高い終業後の自由時間を自己投資に使えば、仕事のスキルは向上し、時間創出につながる。また、運動は快眠を促すため、翌日のベストパフォーマンスにも役立つ。1日15分の運動を継続することで平均寿命が約3年延びたという研究報告があり、運動は究極の時間創出術でもあるのだ。

退社後は仕事を忘れる

多くのビジネスパーソンは週末に1週間の疲れを癒やす習慣があるが、ストレスの収支は1日で合わせるほうが望ましい。週単位でストレスをため込むと、週末になるにつれ、仕事の効率が下がってしまうからだ。