企業がこぞってマインドフルネスを導入するのは、脳科学から見ても有効とされているからだ。ロサンゼルスでクリニックを開業する精神科医の久賀谷亮氏は「マインドフルネスは脳の過剰な活動を抑え、疲れを軽減する。続けることで脳の構造に変化が起き、記憶や集中の部位が強化される」と説明する。本記事では具体的なマインドフルネスの手法を紹介する。

1. 脳が疲れているとき[マインドフルネス呼吸法]

イラスト:スタジオパペル

1. いすに座り基本姿勢を取る

お腹はゆったり、手は太ももの上に置く。足は組まずに目は閉じる

開ける場合は2メートルくらい先を見る

2. 身体の感覚に意識を向ける

手と太ももなどの接触や、身体が地球に引っ張られる重力を感じる