『紐育空爆之図(にゅうようくくうばくのず)』(戦争画RETURNS)1996 襖、蝶番、日本経済新聞、ホログラムペーパーにプリント・アウトしたCGを白黒コピー、 チャコールペン、水彩絵具、アクリル絵具、油性マーカー、事務用修正ホワイト、鉛筆、その他(六曲一隻屏風) 174×382cm 零戦CG制作:松橋睦生 高橋コレクション 撮影:長塚秀人 (c) AIDA Makoto Courtesy of Mizuma Art Gallery
美少女、サラリーマン、戦争、国際政治――。多様な題材と表現手法で世の中を風刺してきた現代アーティストの鬼才・会田誠。緩和マネーの流入を追い風に活況を呈し、投機的な売買の対象にすらなっている現代アートのマーケットの現状は、彼にどう見えているのだろうか。

市場には負の側面だけでなくよさも

――会田さんはどのような立ち位置の現代アーティストだと自覚していますか。

現代アートの作家は、大きく2種類に分けられる。1つが、アートマーケットを主戦場としている人々。日本人の作家でいえば、ニューヨークのギャラリーに所属してコレクターなどに作品を販売している、村上隆さんなどはその典型だ。

その対極にあるのが、例えば「ソーシャリー・エンゲージド・アート」というジャンルに属する作家。絵画や彫刻を作って市場で売るというよりは、市民と一緒にワークショップを開いて何らかの社会変革をもたらそうとするアーティストだ。

彼らの活躍の場は、世界中で開かれる芸術祭。ベネチア・ビエンナーレ、ドイツのドクメンタ、日本ならばあいちトリエンナーレといったものだ。著名な芸術祭に選出されれば、それなりにアーティスト・フィーがもらえる。お金儲けのために大切な制作時間を使わず、社会的に意義あることをしよう、というのが彼らのスタンスだ。

僕がどちら側の人間かというと、コマーシャル・ギャラリーに属しているという意味ではマーケット側の作家だ。とはいえ、ここにどっぷりつかっていたいとは思わず、ビエンナーレ的な美術とのつながりもある。

――芸術に価値をつけて売買するアート市場。会田さんが属している現代アートの分野では、買ったアートをオークションで売って利ザヤを得る投資目的のコレクターも存在します。マーケットは、作家にとっては善・悪どちらの存在なのですか。

作家の中には、社会的な善行をするアートこそがよいものであり、アート市場は悪である、と断言する人もいる。僕も、市場には明確に負の側面があると思うが、一方でよさもあると思いながら付き合っている。

基本的に、コレクターもギャラリーも金の欲で動いている。多くのギャラリーが出展する国際的なアートフェアに行くと、露骨に「欲望の渦」のようなものを感じる。ただ、ここにはある種の正直さがある。

――正直さ、ですか。