中国のエネルギー政策を所管する国家能源局は1月20日、2020年に国内で新増設された風力発電設備の容量が7167万キロワットに達したと発表した。これは19年の2.78倍に相当し、過去3年間の新増設容量の累計をも上回る。

この数字の背景には特殊事情があるとみられている。というのも、20年1~11月の風力発電設備の新増設は2462万キロワットだった。つまり、12月だけで1~11月の累計の2倍近い4705万キロワットが新増設されたことになるからだ。

ある国有電力会社の幹部によれば、電力業界内では20年の風力発電設備の新増設を4000万キロワット前後と予測していた。国家能源局の発表は「驚くべき数字」であり、背景には「政府の補助金削減前の駆け込み工事があった」とこの幹部はみる。それだけではない。同幹部は、統計方法の変更があった可能性も示唆した。例えば、設備の一部しか送電網に接続していなかった場合でも、「統計上はすべての設備を送電網に接続済みとしたのかもしれない」という。

中国政府は中国の二酸化炭素(CO2)排出量を30年までに減少に転じさせ、60年までに排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」を実現するという新たな目標を20年に打ち出した。このために30年時点の風力発電と太陽光発電の設備容量を合計12億キロワット以上に引き上げることを目指している。

(財新記者:陳雪婉、原文の配信は1月21日)

中国の独立系メディア「財新」の記事は東洋経済オンラインでも配信しています。