車載用半導体の供給不足が原因で、生産停止を余儀なくされる自動車メーカーが増えている。トヨタ自動車と中国の広州汽車集団の合弁会社である広汽トヨタは、1月13日、部品不足のために一部の生産ラインが一時的に停止したことを認めた(現在はすでに生産を再開)。

広汽トヨタだけではない。2020年12月以降、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)と上海汽車集団の合弁会社の上汽VW、同じくVWと中国第一汽車集団の合弁会社の一汽VW、ホンダと広州汽車集団の合弁会社の広汽ホンダなどで、一部車種の生産が滞るケースが相次いでいる。

生産統計にも影響が表れている。例えば上汽VWは、20年7月以降の月間生産台数が15万~16万台で推移していた。ところが20年12月の生産台数は12万5800台にとどまり、前月より24%も減少した。

近年、スマートフォン向けなどの半導体需要が急速に拡大。車載用に振り向けていた設備や人員を、半導体向けに振り向けている。大手部品サプライヤーの担当者によれば、半導体は多数の工程を経て最終製品を出荷するため性急な増産には対応できず、供給不足の解消には6~9カ月かかるという。

UBS中国法人で自動車業界のチーフアナリストを担当する鞏旻氏は、一部の自動車メーカーで21年1~3月期の生産台数が計画より5%前後減少すると予想する。

(財新記者:鄭麗純、原文の配信は1月14日)

中国の独立系メディア「財新」の記事は東洋経済オンラインでも配信しています。