2018年には1ビットコイン=30万円台まで落ち込んだが、今や10倍超の価格に(撮影:今井康一)

仮想通貨バブルから4年を経て、ビットコインの価格がにわかに息を吹き返している。

暗号資産情報サイトの「コインマーケットキャップ」によると、ビットコイン価格は今年1月8日に約4万2000ドル台の史上最高値をつけた。その後は調整が入り3万ドル台に下がったが、足元では再び4万ドル台で推移している。

ビットコイン価格が初めて2万ドルを突破した2017年の相場は「仮想通貨バブル」と呼ばれる(日本では、20年の資金決済法の改正で、法令上の呼称が「仮想通貨」から「暗号資産」になった)。価格上昇を牽引したのは日本の個人投資家だった。

17年当時と今の大きな違いは、米国を中心とした金融界からの投資マネーが相場の主役になりつつあることだ。暗号資産情報サイトによると、直近のビットコイン取引におけるドルの割合は全体の約7割を占める(17年は5割超が日本円の取引)。

投資マネーの代表例が、「グレイスケール」という米国のファンドだ。同ファンドを通じて機関投資家の資金が暗号資産に流入している。その額は20年の1年間で57億ドル(約6000億円)に上り、ビットコインで運用するファンドの運用資産残高は直近で230億ドル(約2.4兆円)に達した。