かたおか・まみ ニッセイ基礎研究所都市開発部研究員、東京オペラシティアートギャラリー・チーフキュレーターを経て、2003年から森美術館。20年1月から現職。日本およびアジアの現代アートを中心に執筆・講演・審査など多数。(撮影:梅谷秀司)

コロナ禍で、休館や来場者の激減などダメージを負う美術館。この難局をいかに切り抜けるか。現代アートの展示を行う、森美術館の片岡真実館長に聞いた。

1月に閉幕した「STARS(スターズ)展」は、当初目標の半分ほどの来場者数だった。本来は、2020年4月末に開幕し、東京五輪に合わせて訪日した世界のお客様に日本現代アート界のスターを紹介するはずの展示。展覧会で取り上げたのは、草間彌生、村上隆、奈良美智、杉本博司、李禹煥(リウファン)、宮島達男らだ。実は6人そろって日本で展示される機会は少ない。最新作のみならず、彼らがどうやってスターになったかの過程を見せる企画だった。

それが、美術館自体が休館したことで開幕が3カ月後ろ倒しになった。7月末には入場者数に上限を設ける日時指定制で開幕し、当日券の販売も再開したが、客足は思うようには戻っていない。