草間彌生は先に世界で評価され、それから日本で有名になった「逆輸入型」作家。2017年には都内に美術館を造った(草間彌生『マンハッタン自殺未遂常習犯の歌』2010年 ビデオプロジェクション、鏡 サイズ可変、1分17秒 ©YAYOI KUSAMA)

日本で半世紀以上の伝統を持つ日展や日本美術院(院展)などの美術団体は優れた作家を多く輩出し、いわゆる「画壇」を形成してきた。作家の「出世すごろく」なるものがあるならば、本来その「上がり」に近い場所に位置するのが日本芸術院である。「芸術上の功績顕著な芸術家を優遇するための栄誉機関」として設置された国の組織だ。

そのあり方の本格的な見直しが始まり、検討会議の第1回が2月1日に開かれた。

見直しの目的は、美術部門の会員が一部の美術団体の所属作家に偏っており、現代アートの作家がいない不自然な現況の是正を図ることとみられる。昨年12月に発表の新入会員の顔ぶれを見るだけでも、状況がわかる。美術部門で会員になった美術家と書家5人のうち3人が日展、1人が院展、1人が二科会。すなわち5人全員が伝統的な美術団体の所属だ。美術部門の現在の会員は47人。うち約6割を日展の作家が占め、建築分野を除けばすべて団体の作家だ。

ここに挙げたような美術団体は、安井曾太郎や横山大観など多くの大家が活動の場としてきた。しかし時代は流れ、現代アートの世界では団体に所属しない作家のほうが圧倒的にメジャーだ。近年国際的に評価されている草間彌生や杉本博司、村上隆をはじめとする多くの作家は伝統的な美術団体には所属していない。