価格が高い、適正価格が不明、贋作かもしれない──。アート市場に対する、こうした見方をITで解決しようと、アート系ベンチャーが勃興している。高額な作品を少額で共同保有し、運用できるサービスを展開してい…