竹内製作所のミニショベル。とくに欧州で高いブランド力を持つ(写真:竹内製作所)

建設機械のミニショベル大手の竹内製作所が1月12日に発表した2020年3〜11月期(第3四半期累計)決算は、売上高820億円(前年同期比10%減)、営業利益100億円(同6%減)だった。

同社は1971年に世界で初めてミニショベルを開発、販売したメーカー。住宅の基礎工事や水道といった生活インフラ向けの工事現場で、掘り起こしや整地などに使われる建設機械だ。現在同商品の販売でクボタに次ぐ欧州2位である。

ミニショベルのほか、建設現場で土砂の運搬などに使用されるクローラーローダーなども販売。生産機能の中心は国内で、部品生産拠点を中国に持ち、大半を輸出向けに振り当てている。販売拠点は英国、フランス、米国に置き、とくに欧州を販売の主力としている。