企業や行政の中でPPAPを禁止しようという動きが出てきたことで、日本のビジネスにおける慣習が大きく崩れそうだ

1月下旬、ネット上を「PPAP」という言葉が駆け巡った。

YouTubeで1億回以上再生されたピコ太郎さんの楽曲「ペンパイナッポーアッポーペン」ではない。このPPAPは「Password付きZIPファイルを送ります、Passwordを送ります、Aん号化(暗号化)、Protocol(プロトコル)」の略。暗号化したパスワード付きZIPファイルを添付したメールを送り、解凍する際のパスワードをその直後に別のメールで送るという手順のことを指す。

PPAPは、添付ファイルの中身を盗み見されたくない、誤送信しても中身を見られないようにしたい、といった理由で広がった。

だが、「ZIPファイルのパスワードは総当たりで突破できてしまう。誤送信対策としても、メールでパスワードを送るので、その前に誤送信に気づかなければ意味がない」(企業のセキュリティーに詳しいEGセキュアソリューションズの徳丸浩代表)。