新しい社会の枠組み提供 違う二極化の招来に注意
評者/甲南女子大学教授 林 雅彦

『「3密」から「3疎」への社会戦略 ネットワーク分析で迫るリモートシフト』金光 淳 著(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)
[Profile] かねみつ・じゅん シカゴ大学大学院修士課程、ピッツバーグ大学大学院博士課程修了。京都産業大学現代社会学部教授。専門はネットワーク科学、社会ネットワーク論、組織論、経営社会学、経済社会学など。編著書に『ソーシャル・キャピタルと経営』。

新型コロナ禍以前の社会を「3密」と捉えたうえで、ソーシャル・ネットワーク論をベースに、アフターコロナ時代に「働く者」がとるべき戦略を提唱する。①「管理中枢からの社会的距離戦略(勤務する企業や組織から社会的距離をとる)」②「中央=東京からの社会的距離戦略(過密都市から物理的にも距離をとる)」③「人からの社会的距離戦略(いかに「密接」を避けてイノベーションのソーシャル・ネットワークを構築するか)」の「3疎」戦略だ。

著者は、新型コロナ禍により「時代は『オフィスレス』へシフトし、社会はローカルな方向に向かい、大幅にヴァーチャル空間への退却を余儀なくされた」ことを奇貨として、この「3疎」戦略により、最終的に労働者の自由の獲得・解放への道が拓(ひら)けるという。著者自身も認めている通り、一種のユートピア論といえよう。とはいえ、著者はこの戦略が、地方の活性化、地方文化創造、女性のキャリア形成の可能性を広げ、老人文化の形成にも資するとしている。この点には賛同したい。

一方、評者は、世の多くを占める賃金労働者がアフターコロナ時代に受けるであろう影響を考えてしまう。著者は、「階級はもはや従来のマルクス的な階級論の物的な生産手段の所有ではなく、『知識や技巧、アイデア』を生み出すソーシャル・ネットワーク資産=ソーシャル・キャピタルによって定義される」という。

であれば、ソーシャル・ネットワーク資産をうまく構築できる者のみがその果実を得て、解放される。結局は貧富の二極化をもたらしたグローバル化に代わり、新型コロナ禍が、新たな二極化を推し進めることにならないか。このことを直感的に感じ取っている相対的デジタル・ネットワーク弱者の中高年が旧来型の働き方やシステムに固執することも理解できる。

しかし、新型コロナ禍は、在宅時間・家族との時間を増やし、労働者に対して働くうえでの自立や、働き方、生き方の見直しを迫った。その中で、「3疎」戦略は不可避な状況を前提に構築されたといえる。アフターコロナ時代を考える際に基本的な枠組みを提供するものであると評価したい。

例えば、テレワーク中心となった労働者が地方に移住し、その地のコミュニティでの社会貢献や副業などでソーシャル・キャピタルを豊かにするということも、この戦略に沿ったものだ。

今後、この枠組みの上に、さまざまなアフターコロナ論が展開されることを期待したい。