つげ・よしふみ 1945年岐阜県生まれ。77年、名古屋森孝郵便局長。2009年、全国郵便局長会会長に就任。13年に参議院議員選挙(比例区)に出馬、初当選。19年、再選。(撮影:尾形文繁)

「自民党の集票マシン」「局舎の多額の賃料など既得権益を手放さない」などと批判されてきた全特について、全特顧問で参議院議員の柘植芳文氏に聞いた。

──全特は「自民党の集票マシン」といわれています。

根拠がわからない。確かに前回の参議院選比例区で私はトップ当選だった。投票用紙に「柘植芳文」と書いた人が多かったという話であり、全特が組織を挙げて自民党を応援したという意味ではない。

私が全特会長に就任した2009年は、民主党政権が誕生した年だった。民主党は小泉純一郎政権が成立させた郵政民営化法を改め、改正郵政民営化法案を国会で通そうとしていた。私は全特会長として法案可決に全力を尽くした。

「自民党の集票マシン」という指摘は失当だと思う。