首都圏には「ムサコ」の愛称を持つ街が複数ある。タワーマンションの街として有名な神奈川県川崎市の武蔵小杉、巨大なアーケード商店街が展開される東急目黒線の武蔵小山、そしてJR中央線で三鷹より西、立川の東にある武蔵小金井だ。

東京都小金井市の武蔵小金井は、JR中央線の駅名であり地名ではない。この辺りは桜が有名で、大正時代に観桜のため停車場が造られた。これが後に鉄道の駅に昇格したのだが、地名の「小金井」を駅名にするとJR東北本線の小金井駅と重なり、「新小金井」駅は西武多摩川線の駅として近隣に存在していた。こうした事情もあり、新駅はもともとの国名「武蔵」を付けて「武蔵小金井」駅となった。

以前の武蔵小金井駅は、地味な駅という印象だった。駅周辺には東京農工大学や東京学芸大学、都立多摩科学技術高校などがある学生の多い街だが、ほかに目立ったところが少なく、注目度が低かったのかもしれない。